R2021-01の新機能 - 7.3

Talend Data Integration製品リリースノート

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Content
インストールとアップグレード
リリースノート

Data Integration: 新しい機能

機能

説明

製品

Talend Studio用の共有モード Talend Studioで共有モードがサポートされるようになりました。これにより、Talend Studioがインストールされているマシンの各ユーザーは、さまざまな設定とワークスペースフォルダーで作業できます。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

ライブラリー共有のエンハンスメント

Talend Studioで以下がサポートされるようになりました:

  • 起動時にローカルライブラリーリポジトリーにライブラリーを共有するかどうかの設定
  • 起動後にライブラリーを手動で共有

デフォルトでは、起動のパフォーマンスを改善するためにTalend Studioの起動時にライブラリーは共有されません。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

SAP関数抽出パスがカスタマイズ可能に

抽出されたデータを保持するファイルを生成するSAP関数のパスを指定できます。適用されるコンポーネント:

  • tELTSAPMap
  • tSAPDSOInput ([Basic settings] (基本設定)ビューで[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションの使用)を選択)
  • tSAPODPInput ([Basic settings] (基本設定)ビューで[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションの使用)を選択)
  • tSAPInfoCubeInput ([Basic settings] (基本設定)ビューで[Use FTP-Batch Options] (FTPバッチオプションの使用)を選択)

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

tGPGDecrypt: GPG復号コマンドの追加パラメーターを指定

[Use extra paramaters] (追加パラメーターの使用)オプションが提供され、GPG復号コマンドに追加パラメーターを指定できるようになりました。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

Greenplum 6.xのサポート

今回のリリースではGreenplum 6.xをサポートしています。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

Greenplumコンポーネント: デフォルトのデータベースドライバーが変更

Greenplumコンポーネント用のデータベースドライバーが、デフォルトでGreenplumとなります。

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

tGreenplumGPLoadが改善

tGreenplumGPLoadに複数の新機能/オプションが追加されました。詳細は以下のとおりです。

  • [Basic settings] (基本設定)ビューの[Populate column list based on the schema] (スキーマに基づくカラムリストに入力)オプション。スキーマで定義したカラムをYAMLファイルに追加します。
  • [Addition options] (追加オプション)テーブルに次の新しいパラメーターが追加されました: LOG_ERRORSMAX_LINE_LENGTHEXTERNAL_SCHEMA (_ext_stg_objects)PRELOAD_TRUNCATEPRELOAD_REUSE_TABLESPRELOAD_STAGING_TABLEPRELOAD_FAST_MATCHSQL_BEFORE LOADSQL_AFTER LOAD
  • [Advanced settings] (詳細設定)ビューに[Remove datafile on successful execution] (実行が成功するとデータファイルを削除)オプションと[Gzip compress the datafile] (データファイルをGzip圧縮)オプション。ロード操作が完了するとデータファイルを削除し、Gzipを使用してデータファイルを圧縮します。
  • 追加された新しいグローバル変数: NB_LINE_INSERTEDNB_LINE_UPDATEDNB_DATA_ERRORSGPLOAD_STATUSGPLOAD_RUNTIME

Talend Data Integration

Talend Data Management Platform

Data Quality: 新しい機能

機能

説明

製品

共有モード Talend Studioが共有モード対応になりました。有効にすると、一部のパスが変わります:
  • tBRMSでは、DroolsフォルダーへのパスがC:/Users/user-account/studio-path/Drools/となります
  • tDqReportRunでは、Generated reportsフォルダーへのパスがC:/Users/user-account/studio-path/Generated reports/となります
  • シノニムインデックスでは、addonsフォルダーへのパスがC:/Users/user-account/studio-path/addons/となります

Talend Data Management Platform

サポートされているデータベース [Table] (テーブル)スキーマ、[View] (ビュー)スキーマ、[Calculation view] (計算ビュー)スキーマのProfilingパースペクティブで、SAP Hanaがサポートされるようになりました。

Talend Data Management Platform

新しいコンポーネント

tSAPHanaValidRowsコンポーネントとtSAPHanaInvalidRowsコンポーネントでは、特定のデータクオリティ(正規表現)またはデータクオリティルール(ビジネスルール)に対して、SAP Hanaデータベース行をチェックします。

Talend Data Management Platform

tDataMasking

tDataUnmasking

Dynamicデータ型がStandardコンポーネントによってサポートされるようになりました。

Talend Data Management Platform