7.9.66.0バージョン - Cloud - 7.3

Talendリリースノート

Version
Cloud
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud API Services Platform
Talend Cloud Big Data
Talend Cloud Big Data Platform
Talend Cloud Data Integration
Talend Cloud Data Management Platform
Talend Cloud Real-Time Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Cloud API Designer
Talend Cloud API Tester
Talend Cloud Data Inventory
Talend Cloud Data Preparation
Talend Cloud Data Stewardship
Talend Cloud Management Console
Talend Cloud Pipeline Designer
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
リリースノート
Last publication date
2023-09-13

新機能

  • Snowflakeターゲットで[Parallel] (並列)オプションと[Auto_Compress] (自動圧縮)オプションが追加されました。
  • Snowflakeターゲットでsnowsql.exeへのパスが追加されました。
  • SnowflakeターゲットとKinesisターゲットで、リージョンに応じてJSONスクリプトにTimeZoneが追加されました。

修正された問題

  • MapMessageエラー(7000002メッセージが認識されない)が修正されました。
  • SQLターゲットでのアップデートクエリーが修正されました。
  • リカバリーのロード時に発生していたOracleの問題が修正されました。
  • 監督でエラー識別配信が修正されました。
  • DD_TUN_DSTテーブルでのアクセントと特殊文字を管理するカラムタイプの変更。

その他の注意

  • リリースノートによって対象となるソース: AS/400 IBMi、Oracle、SQL Server
  • リリースノートによって対象となるターゲット: すべて
  • リリースノートによって対象となるプログラム:
    • AS/400 IBMi
      • DDSVRPARA
      • DDSND
      • DDSNDX
      • DDRCVX
      • SYSGCLOAD_
    • NT
      • Sender
      • Journal Previous Receiver
      • Manager
  • AS/400 IBMi
    • ディストリビューションでリカバリーロードを設定すると、ユーザースペースが自動的に削除されます。
    • トランザクションログの読み取りが最適化されました。配信に関係ない項目が多い場合はスピードアップされていました。