コンテキスト定義と用法 - 7.3

レポーティング

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
コンテキストにはパラメーターに特徴があります。
用語 定義
コンテキスト 特定の設定でジョブを実行するために使われパラメーターをグループ化します。コンテキストにはコンテキストグループが少なくとも1つ、そしてコンテキスト変数が1つ以上含まれています。
コンテキストグループ コンテキスト変数の値が含まれています。コンテキストグループごとに名前が異なります。
コンテキスト変数 値を持ち、コンテキストに属しています。コンテキスト変数の名前や値は、コンテキストグループごとに異なる場合も同一の場合もあります。
ジョブコンテキストは次の場所で設定できます。
  • [Run] (実行)ビュー、または
  • tDqReportRunコンポーネントの[Browse Reports] (レポートの参照)ダイアログボックス選択されたレポートで、[Run] (実行)ビューや[Context] (コンテキスト)ビューで設定されたジョブコンテキストが上書きされます。

ジョブの実行中は、[Run] (実行)ビューで選択されたコンテキストが有効となる唯一のコンテキストです。分析エディターのコンテキストグループと、[Context] (コンテキスト)ビューのデフォルトコンテキストグループは無視されます。

コンテキストの更新

tDqReportRunコンポーネントが使用するコンテキストを更新した後、
  • 組み込みコンテキストの場合は、このコンテキストを使ってジョブを再生成します。
  • リポジトリーコンテキストの場合は、このコンテキストを使ってジョブを開いて更新を受け入れます。
これは、メインプロジェクトと参照プロジェクトに適用されます。

生成されたジョブのコンテキストは組み込みモードです。