tDqReportRunがコンテキストグループとコンテキスト変数のマージに使用するルール - 7.3

レポーティング

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント

Profiling パースペクティブでレポートにtDqReportRunを使用してジョブを生成する時、データマート接続と分析またはレポートエディターで使用されるコンテキストグループはすべて、ジョブ[Contexts] (コンテキスト)ビュー内の統合リスト内にマージされます。

ジョブ[Contexts] (コンテキスト)ビューには、接続、分析、レポートで使用しているコンテキストグループとコンテキスト変数のすべてに関する完全なマトリクスが表示されます。このマージは、複数の異なるコンテキストグループに使用されている変数が同じ名前になっているケースをカバーする特定のルールに従います。

tDqReportRunコンポーネントは以下のルールを使用してコンテキストグループと変数をマージします。

  • 同じ名前のコンテキストグループが2つある場合、マージ後はその名前のコンテキストグループが1つだけになります。新しいコンテキストグループには、2つのコンテキストグループに含まれていたコンテキスト変数がすべて含まれます。名前の異なるコンテキストグループが2つある場合は、マージ後もコンテキストグループは2つで、それぞれのコンテキストグループに2つのコンテキストグループに含まれていたコンテキスト変数がすべて含まれます。

  • 2つのコンテキスト変数の名前が同じである場合、マージ後は最初のコンテキスト変数のみが残ります(2番目の変数の値は破棄されます)。重複するコンテキスト変数名をリスト表示する警告メッセージが表示されます。2つのコンテキスト変数の名前が異なる場合は、マージ後も2つのコンテキスト変数が残り、値も元のままです。
コンテキストが以下のように使用されている Profiling パースペクティブでレポートにジョブを生成した場合:
  • レポートエディター: 2つのコンテキストグループ: ctxgroup1, var1 + ctxgroup2, var1
  • 分析エディター: ctxgroup1、varAおよびvarB + ctxgroup3、varAvarB
  • データマート接続: ctxgroupA、varCおよびvarD
コンテキストマージの結果、生成されたジョブの[Contexts] (コンテキスト)ビューが以下のキャプチャのようにマージされます: