分析の作成とレポートの生成 - 7.3

レポーティング

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント

手順

  1. Studioの Profiling パースペクティブで分析を作成します。
  2. 分析を右クリックして[New Report] (新規レポート)を選択し、レポートエディターを開いてこの分析のレポートファイルを生成します。
  3. [Output_Folder]フィールドで、レポートファイルを保存するローカルディレクトリーへのパスを設定します。また、[File Type] (ファイルタイプ)フィールドで、レポート出力ファイルの形式を選択します。
  4. [Database Connection Settings] (データベース接続設定)タブで、分析結果を保存するレポートデータベースへのパラメーターを設定し、[Check] (チェック)をクリックして接続を検証します。
    接続するデータベース構造がデータベース内にまだ存在しない場合は自動的に作成され、作成の確定を求めるメッセージが表示されます。
    レポートファイルの生成方法とレポートデータベースの設定方法については、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
    分析やレポートのパラメーターなど、必要なメタデータとデータベース接続が、 Talend Administration Center Webアプリケーションで使われるリモートSVNやGitリポジトリーにコミットされています。