レポートのリモート起動 - 7.3

レポーティング

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > レポーティングコンポーネント

手順

  1. Profiling パースペクティブで、[Report] (レポート)ノードの下にあるColumnAnalysis_WithThresholdsレポートを右クリックして、コンテキストメニューから[Generate Jobs] (ジョブの生成) > [Launch a report] (レポートの起動)を選択します。
    これにより、レポートを起動するジョブが生成され、 Integration パースペクティブでそのジョブが開きます。
    [レポートファイル名]フィールドは、レポートの技術的なパスを指しています。パスを変更できます。
    コンテキストと文字列を組み合わせて1つのレポートパスを設定する場合はプラス記号を使います。レポートパスを複数設定する場合はコンマを使います。
    ファイルが1つの場合のパス例:
    context.filename1+"/localpath/report.rep"
    context.filename1+context.filename2
    context.filename1+context.filename2+"/report.rep"
    ファイルが複数の場合のパス例:
    context.filename1,"/report.rep"
    context.filename1,context.filename2,context.filename3
    "/localpath/report1.rep","/localpath/report2.rep"
    ,+の両方を使用できます: context.filename1+"/report.rep","/localpath/report2.rep"

    この場合はファイルが2つ生成されます。

    重要: コンマとプラス記号は疑問符の外側に置いてください。
    [出力フォルダー]フィールドは、レポートファイルを保存するフォルダを指します。
  2. F6を押して、Studioからジョブを実行してテストします。
    分析レポートからジョブを生成した後に分析を変更した場合は、ジョブを実行する前にtDqReportRunの基本設定で[Refresh Dependency] (依存項目の更新)タブをクリックする必要があります。
  3. Talend Administration Center Webアプリケーションに接続します。
  4. Webアプリケーションのメニューツリービューで[Conductor] (コンダクター)を展開し、[Job Conductor] (ジョブコンダクター)をクリックして、実行タスクリストを表示します。
    [Job Conductor] (ジョブコンダクター)ページには、スクリプト生成、ジョブ展開、ジョブ実行のフェーズが集まっています。
  5. [Job Conductor] (ジョブコンダクター)ページのツールバーで、[Add] (追加) > [Normal Task] (ノーマルタスク)をクリックして、[Execution task] (実行タスク)設定パネルの内容を消去します。
    この設定パネルで、次のように、レポート起動ジョブの実行に必要なパラメーターを設定します。
    • [Label] (ラベル)フィールドに、タスク名を入力します。

    • [Project] (プロジェクト)フィールドで、レポート起動ジョブを作成したプロジェクトを選択します。

    • [Branch] (ブランチ)フィールドで、このプロジェクトのブランチとして、trunkを選択します。

    • [Name] (名前)リストで、使用するレポート起動ジョブを選択します。

    • [Version] (バージョン)リストで、起動するジョブのバージョンを選択し、[Context] (コンテキスト)フィールドで、実行するジョブのコンテキストを選択します。

    • [Execution server] (実行サーバー)リストで、設定中のこのタスクを実行するために使用するサーバーを選択します。

  6. [Save] (保存)をクリックして、この実行タスクの設定を有効にします。
    対応するプロジェクトの下の[Job Conductor] (ジョブコンダクター)ページに新規タスクが表示されます。
  7. タスクのリストから、追加したばかりのタスクを選択します。
  8. [Job Conductor] (ジョブコンダクター)ページのツールバーにある[Generate] (生成)をクリックします。
  9. このタスクのステータスが、タスクリストで[Ready to send] (送信準備完了)になったら、タスクを再度選択し、ツールバーの[Deploy] (デプロイ)をクリックします。
  10. このタスクのステータスが、タスクリストで[Ready to run] (実行準備完了)になったら、タスクを再度選択し、ツールバーの[Run] (実行)をクリックします。
    レポート起動ジョブを Talend Administration Center Webアプリケーションから起動すると、レポートにリスト表示された分析が実行されます。分析結果はレポートデータベースに保存され、レポートファイルは、tDqReportRunの基本設定で定義された出力フォルダーに保存されます。