REST Webサービスの呼び出しによってデータを作成および取得する - 7.3

REST

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > REST
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > REST
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > REST

このシナリオでは、REST Webサービスを呼び出し、サーバーエンドに新しい顧客レコードを作成し、顧客情報を取得する、単純なジョブについて説明します。実行すると、ジョブは該当する情報を[Run] (実行)コンソールに表示します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • [Palette] (パレット)からデザインワークスペースに次のコンポーネントをドロップします。2つのtRESTコンポーネントと2つのtLogRowコンポーネント。次に、2つのtRESTコンポーネントに、実行するアクションがよくわかるラベルを付けます。

  • [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、各tRESTを片方のtLogRowに接続します。

  • [Trigger] (トリガー) > [OnSubjobOK] (サブジョブがOKの場合)接続を使用して、最初のtRESTを2番目のtRESTに接続します。

  • 最初のtRESTコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。

  • [URL]フィールドに、起動するWebサービスのURLを入力します。このユースケースのURLはあくまでも例示用であり、実際のアドレスではありません。

  • [HTTP Method] (HTTPメソッド)リストでPOSTを選択し、新しいレコードを作成するためのHTTPリクエストを送信します。

  • [HTTP Headers] (HTTPヘッダー)テーブルで[+]ボタンをクリックして1行を追加し、該当する名前/値キーのペア(サービスプロバイダーの定義によって異なる)を入力し、サーバーエンドに送信するpayloadのメディアタイプを示します。このユースケースでは、Content-Typeapplication/xmlを入力します。インターネットメディアタイプの参照情報は、www.w3.org/Protocols/rfc2616/rfc2616-sec3.html#sec3.7をご覧ください。

  • サーバーエンドにアップロードするpayloadを[HTTP Body] (HTTPボディ)フィールドに入力します。このユースケースでは、<Customer><name>Steven</name></Customer>と入力して、Stevenという名前の新しい顧客のレコードを作成します。

注:

payloadに二重引用符を含める場合は、各引用符の前にバックスラッシュエスケープ文字を必ず使用してください。このユースケースでは、たとえば、Stevenという名前を二重引用符のペアで囲む場合は、<Customer><name>\"Steven\"</name></Customer>と入力します。

  • 2番目のtRESTコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。

  • URLフィールドに同じURLを入力します。

  • [HTTP Method] (HTTPメソッド)リストでGETを選択し、既存のレコードを取得するためのHTTPリクエストを送信します。

  • tLogRow[Basic settings] (基本設定)ビューで、出力フローが識別しやすいように、[Print component unique name in front of each output row] (コンポーネントユニーク名を出力の各行の前に表示)[Print schema column name in front of each value] (カラム名を値の前に表示)チェックボックスをオンにします。

  • ジョブを保存し、F6を押して起動させます。

    コンソールには、最初のtRESTコンポーネントがHTTPリクエストをサーバーエンドに送信してStevenという名前の新しい顧客を作成し、2番目のtRESTコンポーネントがサーバーエンドからのデータを正しく読み込んだことが示されます。そこには、作成されたばかりの新しい顧客の情報が含まれています。