データをRiakバケットからローカルファイルにエクスポートする - 7.3

Riak

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Riak
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Riak
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQLコンポーネント > Riak

手順

  1. tRiakInputをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブに[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、エクスポートされるデータの構造を定義します。この例では、idcompanypriceという3つのカラムが定義されています。
  3. [Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにし、あらかじめ設定しておいた接続を選択します。この例ではtRiakConnection_1です。
  4. データのエクスポート元のバケットの名前を[Bucket] (バケット)フィールドに入力します。この例ではcomputerです。
  5. [Output key to column] (カラムにキーを出力する)チェックボックスをオンにして、リストから目的のカラムを選択します。この例ではidが選択されています。
  6. [Value columns] (値のカラム)テーブルでボタンを2回クリックし、リストからcompanypriceをそれぞれ選択します。