tRouteInputを使用したジョブのDBコンポーネントで共有データソースを使用する - 7.3

ルート

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント

このシナリオでは、tRouteInputを含むジョブにおけるDBコンポーネントによるデータソースの使い方について説明します。このジョブは、cTalendJobコンポーネントを使用してルートからのみ開始できます。

次の手順は、例としてtJDBC*コンポーネントで共有データソースを使用する方法を示しています。同じルールが、データソースをサポートするすべてのDBコンポーネントに有効です。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

手順

  1. tPrejobを使用して、tJDBCConnectionでDB接続を初期化します。
  2. Talend Runtime側で作成されたデータソースエイリアスを指定して、データソースのtJDBCConnectionを設定します。
  3. tPostjobを使用して、tJDBCCloseとのデータソース接続を閉じます。
    これは、tESBProvider*またはtRESTRequestコンポーネントを含むデータサービス操作ジョブには無効です。この種のジョブでは、データソース接続のクローズがtESBProvider*またはtRESTRequestコンポーネントに直接実装されるため、tJDBCCloseなどのクローズ接続コンポーネントを使用することはお勧めしません。
  4. ジョブの主要部分で、コミットまたはロールバックコンポーネントを使用して、接続されたDBへのトランザクションを制御します。
  5. ジョブ内のすべてのDBコンポーネントに既存の接続設定を使用します。
    tJDBCRow:
    tJDBCCommit:
    tJDBCClose: