tRouteInput標準プロパティ - 7.3

ルート

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント

このプロパティは[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行するtRouteInputの設定で使用されます。

[Standard] (標準)tRouteInputコンポーネントはESBファミリーのコンポーネントです。

このコンポーネントは、ESBで Talend ソリューションの1つを使用している場合にのみ該当します。[Service] (サービス)リポジトリーノードと[Data Service] (データサービス)の作成に関連するウィザードと併用する必要があるためです。

基本設定

[Input Schema] (入力スキーマ)および[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。

Camel

[Edit schema] (スキーマを編集)ボタンを使用してスキーマダイアログボックスで定義したカラムに対応するメッセージパラメーターを、Simple式言語を使用して入力します。

Simple式言語の詳細は、http://camel.apache.org/simple.htmlを参照してください。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数) 

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントはStarterコンポーネントとして使用でき、出力を持ちます。tRouteInputコンポーネントは、cTalendJobコンポーネントを使用してルートで呼び出すData Integrationジョブで使用することが必須です。そうすることで、Talend Runtimeにデプロイした際に自動的に起動しないようにします。そして、ルートから呼び出された場合にのみ起動させます。

cTalendJobコンポーネントの使い方は、cTalendJobを参照してください。

制限事項

tRouteInputを使用するジョブは、cTalendJobコンポーネントを使用するルート内でのみ開始してください。