メッセージの処理方法の設定 - 7.3

ルート

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ルートコンポーネント

手順

  1. tRouteInputコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックします。スキーマダイアログボックスで、[+]ボタンをクリックしてString型の行を新規追加して、bodyという名前を付けます。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  3. bodyエレメントの[Simple Expression] (簡単な式)フィールドに"${in.body}"と入力して、ルートから入力メッセージの本文が取得されるようにします。
  4. tLogRowコンポーネントはメッセージ交換を監視します。設定は不要です。
  5. tReplaceコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブの[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、tLogRowからスキーマを取得します。ポップアップダイアログボックスで、[Yes]をクリックしてスキーマを後続のコンポーネントに反映します。
    [+]をクリックして、[Search/Replace] (検索/置換)テーブルに行を追加します。[Search] (検索) カラムにWorld[Replace with] (置換)カラムにTalendを入力します。[Whole word] (単語全体)チェックボックスをオフにします。
  7. tRouteOutputコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. tRouteOutputに1つのエレメントbodyがあることを確認します。型をBodyに設定します。
  9. [Ctrl]+[S]を押し、ジョブを保存します。