データソースの定義 - 7.3

RSS

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > RSS
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > RSS
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > RSS

手順

  1. デザインワークスペースでtMysqlInputを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックしてtMysqlInputの基本設定を定義します。
  2. [Property type] (プロパティタイプ)[Repository] (リポジトリー)に設定し、[...]ボタンをクリックして、リストから関連するDBエントリーを選択します。接続の詳細とスキーマが自動的に入力されます。
  3. [Table Name] (テーブル名)フィールドで、テーブル名を入力するか、[...]ボタンをクリックして、リストからテーブル名を選択します。このシナリオでは、Mysql入力テーブルは[rss_talend]で、スキーマは[TITLE][Description][PUBDATE]、および[LINK]の4つのカラムで構成されています。
  4. [Query] (クエリー)フィールドでスキーマ定義とマッチするように、フィールドの順序に特に注意を払いつつDBクエリーを入力するか、[Guess Query] (クエリーの推測)をクリックします。