単純なクエリーを生成するスキーマを設定する方法 - 7.3

Salesforce

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

このセクションでは、単純なクエリーを生成するためのモジュール名とスキーマカラムを設定する方法を示します。

次の2つの単純なクエリーの例は、次の手順のデモンストレーションを目的としています。

  • SELECT Id, Name, BillingCity FROM Account: 標準のオブジェクトとフィールドを使った単純なクエリー、および

  • SELECT Name__c, LastName__c FROM Mother__c: カスタムオブジェクトとフィールドを使った単純なクエリー。

手順

  1. 上記の例のFROM句、AccountMother__cで指定されたオブジェクトの名前を使って、モジュール名を設定します。
  2. スキーマダイアログボックスのSELECTの後ろに、(カンマで区切られた)フィールドリスト内の各フィールドにカラムを作成し、フィールド名でカラム名を設定します。

    最初の例では、3つのフィールドにIdNameBillingCityという3つのカラムを作成する必要があります。

    2番目の例では、2つのフィールドにName__cLastName__cという2つのカラムを作成する必要があります。