コンポーネントを設定 - 7.3

Salesforce

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

手順

  1. tSalesforceConnectionコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Connection type] (接続タイプ)ドロップダウンリストからOAuthを選択し、[Oauth2 flow type] (Oauth2フロータイプ)ドロップダウンリストから[Implicit Flow] (暗黙的フロー)を選択します。
  3. [Client Id] (クライアントID)および[Client Secret] (クライアントシークレット)フィールドに、コンシューマーがSalesforceにアクセスするために使うキーとシークレットをそれぞれ入力します。
  4. [Callback Host] (コールバックホスト)フィールドと[Callback Port] (コールバックポート)フィールドに、コールバックホストとポート情報をそれぞれ入力します。
  5. [Token File] (トークンファイル)フィールドで、ユーザーが認証情報を提供せずに新しいセッションを取得できるようにするために、OAuth対応の接続アプリで使われる更新トークンを保管するトークンファイルを参照するか、またはそのパスを入力します。
  6. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップスキーマダイアログボックスで、[String] (文字列)タイプのカラムNameを1つ追加してスキーマを定義します。完了したら、[OK]をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。
  8. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツを使う(区切り記号付きファイル))を選択します。表示される[Content] (コンテンツ)フィールドに、Salesforceに書き込むデータを入力します。たとえばTalendです。
  9. tSalesforceOutputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. [Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストからtSalesforceConnectionコンポーネントを選択し、それによって作成された接続を再利用します。
  11. [Module Name] (モジュール名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで、アクセスするオブジェクトを選択します。この例ではAccountです。
  12. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、スキーマダイアログボックスを開きます。パネルの右側で、カラムNameを除くすべてのカラムを削除します。完了したら、[OK]をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。