OAuth Implicitフローを使ってSalesforceに接続し、ユーザーを認証する(非推奨) - 7.3

Salesforce

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

このシナリオでは、tSalesforceConnectionがSalesforceリソースにアクセスすることを承認するために、OAuth2 (Open Authorization 2.0)メソッドを採用しています。これにより、ユーザーはSalesforceのユーザー名/パスワードをtSalesforceConnectionに直接入力する必要がないため、それが必要とされる[Basic] (基本)ログインタイプを使う場合と比べて、セキュリティが向上します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。