外部IDに基づいてSalesforceデータを更新するジョブを作成する - 7.3

Salesforce

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

始める前に

  • 外部IDカスタムフィールドAccount_External_IDが、SalesforceのAccountオブジェクトに追加されました。これは、連絡先オブジェクトとの関係をマップするために使われます。

  • 外部IDカスタムフィールドContact_Talend_IDが、Salesforceの連絡先オブジェクトに追加されました。これは、連絡先オブジェクトデータをアップサートするためのキーカラムとしてとして使われます。

手順

  1. 新しいジョブを作成し、tSalesforceConnectionコンポーネント、3つのtSalesforceInputコンポーネント、4つのtSalesforceOutputコンポーネント、3つのtFixedFlowInputコンポーネント、4つのtLogRowコンポーネントを追加します。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、最初のtSalesforceInputコンポーネントを最初のtSalelsforceOutputコンポーネントに接続します。
  3. 同じようにして、最初のtFixedFlowInputコンポーネントを2番目のtSalesforceOutputコンポーネントに、2番目のtFixedFlowInputコンポーネントを3番目のtSalesforceOutputコンポーネントに、3番目のtFixedFlowInputコンポーネントを4番目のtSalesforceOutputコンポーネントに、2番目のtSalesforceInputコンポーネントを3番目のtLogRowコンポーネントに、3番目のtSalesforceInputコンポーネントを4番目のtLogRowコンポーネントに接続します。
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、3番目のtSalesforceOutputコンポーネントを最初のtLogRowコンポーネントに接続し、[Row] (行) > [Reject] (リジェクト)接続を使って2番目のtLogRowコンポーネントに接続します。
  5. [Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)接続を使って、tSalesforceConnectionコンポーネントを最初のtSalesforceInputコンポーネントに接続します。
  6. 同じようにして、最初のtSalesforceInputコンポーネントを最初のtFixedFlowInputコンポーネントに、最初のtFixedFlowInputコンポーネントを2番目のtFixedFlowInputコンポーネントに、2番目のtFixedFlowInputコンポーネントを3番目のtFixedFlowInputコンポーネントに、3番目のtFixedFlowInputコンポーネントを2番目のtSalesforceInputコンポーネントに、2番目のtSalesforceInputコンポーネントを3番目のtSalesforceInputコンポーネントに接続します。