tSalesforceOutputBulk標準プロパティ - 7.3

Salesforce

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtSalesforceOutputBulkを設定するために使います。

Standard tSalesforceOutputBulkコンポーネントはビジネスファミリーとCloudファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

ジョブで接続されている先行コンポーネントからスキーマを取得するには、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックします。

このコンポーネントはダイナミックスキーマ機能の利点を備えているので、ソースファイルから不明なカラムを取得したり、各カラムを個別にマッピングしなくてもソースからカラムを一括してコピーしたりできます。ダイナミックスキーマの詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

このダイナミックスキーマ機能は、テーブルの不明なカラムを取得する目的で設計されており、この目的に限り使用をお勧めします。テーブルの作成で使用することは勧められていません。

バルクファイルパス

生成するファイルへのパスを指定します。

[Append] (追加)

このチェックボックスをオンにすると、ファイルが既に存在する場合は、既存のデータが上書きされるのではなく、ファイルの末尾に新しいデータが追加されます。

NULLを無視

NULL値を無視するには、このチェックボックスをオンにします。

詳細設定

リレーションシップマッピングのUPSERT

[+]ボタンをクリックして、必要に応じて行を追加し、入力フローの外部IDフィールド、アップサートモジュールのルックアップ関係フィールド、ルックアップモジュール、ルックアップモジュールの外部IDフィールドを指定します。

  • [Column name of Talend Schema] (Talendスキーマのカラム名): 入力フローの外部IDフィールドの名前。これは、前のコンポーネントのスキーマのフィールドを参照しています。このカラムは、[External id name] (外部ID名)カラムで指定された外部IDフィールド([Module name] (モジュール名)カラムで指定されたルックアップモジュールのフィールド)と照合することを目的としています。

  • [Lookup relationship field name] (ルックアップ関係フィールド名): ルックアップ関係フィールドの名前。これは、tSalesforceBulkExecコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューの[Module Name] (モジュール名)フィールドで指定されたモジュールのルックアップ関係フィールドを参照し、このテーブルの[Module name] (モジュール名)カラムで指定されたルックアップモジュールとの関係を確立することを目的としています。組み込み関係フィールドとカスタム関係フィールドを入力できます。ルックアップ関係フィールドを定義する方法、および[Lookup relationship field name] (ルックアップ関係フィールド名)フィールドに正しい名前を入力する方法については、Salesforce Webサイトにアクセスし、Salesforce Data Loaderアプリケーションを起動して適切なアクションと情報を入手してください。

  • [Module name] (モジュール名): ルックアップモジュールの名前。

  • [Polymorphic] (ポリモーフィック): リレーションシップマッピングにポリモーフィックフィールドが使われている場合にのみ、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをポリモーフィックフィールドに対してオフのままにするか、ポリモーフィックではないフィールドに対してオンにすると、エラーが発生します。ポリモーフィックフィールドの詳細は、http://www.salesforce.com/us/developer/docs/api_asynch/polymorphicを検索してください。

  • [External id name] (外部ID名): [Module name] (モジュール名)カラムで指定されたルックアップモジュールの外部IDフィールドの名前。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

NB_LINE

処理された行数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは一般にtSalesforceBulkExecコンポーネントと共に使います。一緒に使うと、Salesforce.comで情報をフィードまたは変更する時にパフォーマンスが向上します。