Salesforceにバルクデータを挿入するためのジョブを設定する - 7.3

Salesforce

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > Salesforce

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、入力データファイルを参照するか、またはファイルへのパスを入力します。この例ではD:/SalesforceAccount.txtです。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップスキーマダイアログボックスで、NameParentIdPhoneFaxという文字列型の4つのカラムを追加して、スキーマを定義します。完了したら、[OK]をクリックして変更を保存し、ダイアログボックスを閉じます。
  4. tSalesforceOutputBulkExecコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [User Id] (ユーザーID)[Password] (パスワード)[Security Key] (セキュリティキー)フィールドに、Salesforceへのアクセスに必要なユーザー認証情報を入力します。
  6. [Module Name] (モジュール名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで、アクセスするオブジェクトを選択します。この例ではAccountです。
  7. [Bulk File Path] (バルクファイルパス)フィールドで、バルク処理用のデータを保管するCSVファイルへのパスを参照または入力します。処理するバルクファイルはcsv形式である必要があります。
  8. 最初のtLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  9. [Mode] (モード)領域で、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択して、結果を読みやすくします。
  10. 同じように2番目のtLogRowコンポーネントを設定します。