SAP用のTalend関数モジュールをインストール - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
この記事では、SAP用のTalend SAP関数モジュールをインストールする方法を説明します。利用可能なSAP関数モジュールの完全なリストについては、Talend Studioに同梱されているSAP関数モジュールを参照してください。

次の手順は、Z_TLD_BI_READ_INFOPROV_BATCHモジュールのインストール方法を示しています。このモジュールは、SAPトランスポートTBDK900118.zipによって提供されています。

SAP関数モジュールをインストールするには、最初にTalend Studioに同梱されているSAP関数モジュールをチェックしてSAP関数モジュールを提供する転送ファイルを決める必要があります。

注: SAP関数モジュールおよびSAP転送は、製品バージョンによって異なる場合があります。最新情報は、{studio_path}\plugins\org.talend.libraries.sap_7.3.1.****\resources\readme.txtをご確認ください。

ステップ1: ファイルをコピーする

注: 以下のステップでは、転送が/usr/sap/trans内にあることを想定しています。
  1. ファイルTBDK900118.zipをダウンロードし、SAPサーバー上に転送します。
  2. ファイルTBDK900118.zipを抽出します。
  3. K900118.TBD<TBDK900118.zip>/ABAP Transporte/cofilesからusr/sap/trans/cofilesにコピーします。
  4. R900118.TBD<TBDK900118.zip>/ABAP Transporte/dataからusr/sap/trans/dataにコピーします。

ファイルのアップロードは、SAPGUIトランザクションCG3Zを使用して実行できます。転送ディレクトリーを見つけて、ファイルがトランザクション AL11でアップロードされているかどうかを確認することができます。

ステップ2: 新しい転送リクエストを追加する

[STMS]トランザクションで[Import Overview] (インポート概要) (F5)に移動し、指定のシステムのインポートキューに進みます。メニューから[Extras] (追加) > [Other requests] (その他のリクエスト) > [Add] (追加)の順に進みます。

  1. TBDK900118という名前の新しい転送リクエストを追加し、必要に応じてSAPクライアント番号を指定します。指定を終えると、リストに転送リクエストが表示されます。
  2. [F9]を押して選択し、[F11]+[Ctrl]を押して転送を実行します。
  3. ターゲットクライアントを指定し、オプションタブの最後にある[Ignore invalid component version] (無効なコンポーネントバージョンを無視)オプションをオンにします。

正しく設定されると、一部のテキストは[Does not match component version] (コンポーネントのバージョンと一致しません)と表示されますが、ステータスは緑色になります。[SE37]トランザクションでZ_TLD_BI_READ_INFOPROV_BATCH関数モジュールが利用できるようになっています。

ステップ3: Talend Studioでプロパティを追加する

Talend Studioユーザーガイドに詳述されている通常のプロセスに従います: 「SAPテーブルの取得」に詳述されている通常のプロセスに従います。

リポジトリーからtSAPTableInputをドラッグ&ドロップする時には、プロパティapi.use_z_talend_read_tabletrueに設定する必要があります。