SAPアーキテクチャー - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このセクションでは、SAPのアーキテクチャーについて説明します。

SAP NetWeaver Application Serverの設計は、その上で実行されるアプリケーションに非常に高いレベルの堅牢性と保守性を提供することを目的としています。SAPは、3層のクライアント/サーバーモデルをベースにR/3のアーキテクチャーを構成しました。

プレゼンテーションサーバー

プレゼンテーションサーバーは、通常ユーザーのワークステーションにインストールされるsapgui.exeという名前のプログラムです。それを開始するには、ユーザーはアイコンをダブルクリックするか、メニューパスを選択します。プレゼンテーションサーバーは次に、SAPGUI (ユーザーインターフェイス、または単にインターフェイス)として一般に知られているウィンドウにR/3メニューを表示します。インターフェイスは、キーストローク、マウスクリック、およびファンクションキーの形式でユーザーからの入力を受け入れ、これらの要求をアプリケーションサーバーに送信して処理します。アプリケーションサーバーは結果をSAPGUIに送り返し、SAPGUIは出力をフォーマットしてユーザーに表示します。

アプリケーションサーバー

アプリケーションサーバーは、ABAP/4プログラムを集合的に解釈し、その入力と出力を管理する実行可能ファイルのセットです。アプリケーションサーバーが起動すると、これらの実行可能ファイルはすべて同時に起動します。アプリケーションサーバーが停止すると、それらはすべてシャットダウンします。アプリケーションサーバーの起動時に開始されるプロセスの数は、アプリケーションサーバープロファイルと呼ばれる単一の設定ファイルで定義されます。

データベースサーバー

データベースサーバーは、アプリケーションサーバーからのデータベースリクエストを受け入れる実行可能ファイルのセットです。これらのリクエストは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)に渡されます。RDBMSは、データをデータベースサーバーに送り返し、データベースサーバーはデータをアプリケーションサーバーに送り返します。次に、アプリケーションサーバーは情報をABAP/4プログラムに送ります。