Talend Studioに同梱されているSAP関数モジュール - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

Talend Studioには、SAPの制限を解消し、SAPの拡張機能をサポートするために、以下のSAP関数モジュールが同梱されています。

これらのカスタムSAP関数モジュールを使用するには、Talend-Studio-XXX\plugins\org.talend.libraries.sap_XXX\resources内の対応するSAPトランスポートをSAPシステムにインストールする必要があります。SAPトランスポートの詳しいインストール方法については、そのフォルダーにあるreadme.txtファイルを参照してください。

注: SAPトランスポートであるTEDK910156.zipオプションは、TalendのR2021-05以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

SAP関数モジュール

説明

使用元

必要なSAPトランスポート

/CMT/TLND_ODP

RFC経由でODPデータを抽出します。

tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput、tSAPTableInput

TEDK910156.zip

/CMT/TLND_ODP_BATCH

バックグラウンドジョブでODPデータをファイルシステムに抽出します。

tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput、tSAPTableInput

TEDK910156.zip

/CMT/TLND_ODP_FILE バックグラウンドジョブでODPデータをファイルシステムに抽出します。 tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput TEDK910156.zip

/CMT/TLND_TABLE

バックグラウンドジョブで

RFC経由でテーブルデータを抽出します。

ODPデータをファイルシステムに抽出します

tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput

TEDK910156.zip
/CMT/TLND_TABLE_BATCH バックグラウンドジョブでテーブルデータをファイルシステムに抽出します。 tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput TEDK910156.zip
/CMT/TLND_TABLE_FILE バックグラウンドジョブでテーブルデータをファイルシステムに抽出します。 tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPTableInput、tSAPODPInput TEDK910156.zip
/CMT/TLND_TABLE_JOIN RFC経由でテーブル結合データを抽出します。 tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput TEDK910156.zip

/CMT/TLND_TABLE_JOIN_BATCH

バックグラウンドジョブでテーブル結合データをファイルシステムに抽出します。

tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput

TEDK910156.zip

/CMT/TLND_TABLE_JOIN_STREAM

バックグラウンドジョブでテーブル結合データストリームを開始します。

tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput

TEDK910156.zip

/CMT/TLND_STREAM

RFCサーバー経由でデータストリームを受信するインタフェースが追加されます。

tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput、SAP RFCサーバー

TEDK910156.zip

/CMT/TLND_STREAM_PARALLEL 目的のデータをTalend Streaming Clientにストリーミングします。 tSAPTableInput、tELTSAPMap、tELTSAPInput、tSAPODPInput TEDK910156.zip

Z_TLD_BI_READ_INFOPROV

SAP BW Netweaver 7.3用に、データストアオブジェクトまたはInfoCube から抽出します。

tSAPDSOInput、tSAPInfoCubeInput

TBDK900130.zip

Z_TLD_BI_READ_INFOPROV_BATCH

SAP BW Netweaver 7.3用に、データストアオブジェクトまたはInfoCubeからバックグラウンドジョブのファイルシステムに抽出します。

tSAPDSOInput、tSAPInfoCubeInput

TBDK900130.zip

Z_TLD_BI_UPSERT_ODSO

SAP BW Netweaver 7.3用に、データストアオブジェクトに書き込みます。

tSAPDSOOutput

TBDK900130.zip

Z_TLD_BI_READ_INFOPROV

SAP BW Netweaver 7.4以降用に、データストアオブジェクトまたはInfoCube から抽出します。

tSAPDSOInput、tSAPInfoCubeInput

TIDK900030.zip

Z_TLD_BI_READ_INFOPROV_BATCH

SAP BW Netweaver 7.4以降用に、データストアオブジェクトまたはInfoCubeからバックグラウンドジョブのファイルシステムに抽出します。

tSAPDSOInput、tSAPInfoCubeInput

TIDK900030.zip

Z_TLD_BI_UPSERT_ODSO

SAP BW Netweaver 7.4以降用に、データストアオブジェクトに書き込みます。

tSAPDSOOutput

TIDK900030.zip

注:
  • TBDK900130は、TalendのR2021-09以降のStudio月次アップデートをインストールした時のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。
  • TEDK910156.zipというトランスポートパッケージは、SAP ERPシステムとS/4システムの両方用です。
  • TBDK900130とTID900030は、異なるSAP BWバージョン用です。インストールが必要なトランスポートパッケージは、お使いのSAP BWバージョンによって決定されます。