複数のSAPテーブルのデータを集計およびフィルタリングするためのジョブを設定する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

手順

  1. tELTSAPMapコンポーネントをクリックし、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Property Type] (プロパティタイプ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリー)を選択し、[Property Type] (プロパティタイプ)の近くにある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで作成されたSAP接続ノードを選択します。完了したら、[OK]をクリックすると、すべてのSAP接続設定フィールドが自動的に入力されます。
  3. [FTP host] (FTPホスト)[FTP port] (FTPポート)[FTP user] (FTPユーザー)[FTP password] (FTPパスワード) 、および[FTP directory] (FTPディレクトリー)フィールドに、FTP接続情報を入力します。tELTSAPMapコンポーネントは、このFTP接続を介してSAPシステムによって生成されたすべてのデータファイルを読み取ります。
  4. [Data filename prefix] (データファイル名プレフィックス)フィールドに、SAPシステムによって生成されたファイルのプレフィックスを指定します。
  5. [SAP Map Editor] (SAPマップエディター)の横にある[...]ボタンをクリックし、マップエディターを開きます。
  6. 左上のパネルで、 ZTAL_VBRKテーブルのノードLFNINDXZTAL_VBRPテーブルのノードLFNINDXにドラッグ&ドロップし、2つのテーブル間に内部結合を作成します。
  7. 左上パネルのZTAL_VBRKテーブルにあるノードMANDTLFNINDXVBELNFKARTFKTYPVBTYPWAERKVKORGVTWEGを、右上パネルのoutテーブルにドラッグ&ドロップすると、それらのカラムのデータのみが取得され、出力CSVファイルに書き込まれます。
  8. outテーブルの右上角にある[Add clause row] (句の行を追加)ボタンをクリックし、[Add a WHERE clause] (WHERE句を追加)をクリックします。表示される[Additional WHERE clauses] (追加のWHERE句)フィールドに、取得するデータの行をフィルタリングするために使う句を入力します。この例では、ZTAL_VBRK~VKORG = '1000' AND ZTAL_VBRK~VTWEG = '10'と入力します。これにより、VKORGの値を持つデータの行のみが1000に設定され、VTWEGの値が10に設定されます。
  9. 下部にある[Generated SQL Select query for "" output] (""出力のために生成されたSQL SELECTクエリー)をクリックすると、生成されたSQL SELECTクエリー(2つのテーブルからのデータを集計およびフィルタリングするために使用)が表示されます。

    終了したら[OK]をクリックし、マップエディターを閉じます。

  10. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。[File Name] (ファイル名)フィールドで、集計およびフィルタリングされたデータが書き込まれるファイルへのパスを指定します(この例ではD:/out.csv)。次に[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックし、前のコンポーネントからスキーマを取得します。