Talend CloudでSAP接続をテスト - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
Last publication date
2024-02-22
このトピックでは、Talend CloudでSAP接続をテストする方法について説明します。

手順

  1. [Engine] (エンジン)メニューからターゲットのRemote Engineを選択してRemote EngineにSAPプロファイルを作成し、[Add Profile] (プロファイルの追加)をクリックします。

    このジョブは、java.library.pathをRemote Engineサーバーのsapjcoディレクトリーに設定する追加のJavaオプションと共に実行する必要があります。次の2つのパラメーターを設定します。

    • Name = SAP Library
    • JVM Arguments = -Djava.library.path=/opt/talend/saprfc/user/lib
  2. SAP接続を作成し、SAP Connectionの詳細を設定するために使われます。

    SAP接続情報を入力します。コンテキスト変数を作成し、SAP接続情報をコンテキスト内の変数に保存しておけば、ジョブ間でそのSAP接続情報を共有できるようになります。

  3. ジョブアーティファクトからタスクを作成します。
  4. 前に作成した接続をタスクに割り当てます。
  5. ターゲットのRemote EngineとSAPプロファイルを設定するために使われます。
  6. タスクを実行します。
    次の図のような情報が表示され、接続が正常に作成されたことが示されます。