SAP BWからADSOデータを取得するためのジョブを設定する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

手順

  1. tSAPADSOInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. SAP BW ADSOメタデータの認証情報をご確認ください。これらのフィールドは、SAP BW ADSOメタデータをデザインワークスペースにドラッグ&ドロップすると自動的に入力されます。
  3. [...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開きます 。このダイアログボックスには取得するデータのカラムが表示されます。

    この例では、MANDTGJAHRBELNRBLDATBSCHLBSTATBUDATHWAER (以上が文字列型)、DMSHB (BigDecimal型)の9カラムが表示されます。

    スキーマを組み込みモードに変更して[Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックすれば、スキーマの定義を更新することもできます。

  4. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [File Name] (ファイル名)フィールドで、取得されたデータが書き込まれるファイルへのパスを指定します(この例ではD:/tsapadsoinput_out.csv)。
  6. [Include Header] (ヘッダーを含む)チェックボックスをオンにして、出力ファイルにカラム名を含めます。