SAP BW ADSOの取得 - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
SAPメタデータウィザードを使って、SAP BW詳細データストアオブジェクト(ADSO)のメタデータを取得します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、新しく作成されたSAP接続を右クリックし、[Retrieve SAP BW metadata] (SAP BWメタデータの取得)を選択します。
  2. [Search in] (検索範囲)ドロップダウンリストからAdvancedDataStoreObjectを選択します。
  3. 次のフィールドに関連情報を入力します。
    • [Name] (名前): オブジェクト名のフィルター条件を入力します。
    • [Description] (説明): オブジェクトの説明のフィルター条件を入力します。
    注: フィルター条件、[Name] (名前)[Description] (説明)は、OR演算子として一緒に機能します。
  4. [Search] (検索)をクリックして、フィルター条件に一致するすべてのオブジェクトをリスト表示します。
  5. [Name] (名前)カラムのチェックボックスをオンにして、取得するテーブルを選択します。
  6. [Creation Status] (作成ステータス)[Success] (成功)と表示されるまで待ちます。
    選択したオブジェクトのテーブルとそのスキーマは、[Repository] (リポジトリー)ツリーに保存されます。
  7. [Next] (次へ)をクリックして次のステップに進みます。
    選択したオブジェクトのすべてのテーブルが、[Table Name] (テーブル名)エリアにリスト表示されます。
    1. [Refresh Table] (テーブルの更新)をクリックして、最新のテーブルスキーマを[Current Table] (現在のテーブル)エリアに表示します。必要に応じて、[Current Table] (現在のテーブル)エリアで選択したテーブルのスキーマを修正できます。
    2. 必要に応じて、[Refresh Preview] (プレビューの更新)をクリックして、選択したテーブルのデータをプレビューします。
  8. [Finish] (終了)をクリックして、テーブルとそのスキーマを[Repository] (リポジトリー)ツリービューに保存します。