A_Call_BAPIで入力tXMLMapを設定する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このシナリオの最初のtXMLMapコンポーネントは、BAPI関数の入力データをマップおよび変換します。

手順

  1. 入力tXMLMapコンポーネントをダブルクリックしてスキーマエディターを開きます。
    main:row1の左ペインには、Configuring tFixedFlowInput in A_Call_BAPIで追加したカラムが表示されます。
  2. outスキーマエディターでDocumentタイプのnew columnを追加します。
  3. outの右ペインにコンポーネントの設定を表示するには、[Pincer] (ペンチ)アイコンをクリックします。
  4. プロパティとそれに対応する値を設定します。

    例え

  5. newColumnを右クリックし、[Import from Repository] (リポジトリーからインポート)を選択します。
  6. [Metadata] (メタデータ) > [File xml] (ファイルxml)に移動し、BAPI_CUSTOMER_GETLISTの入力スキーマを選択します。
  7. main:row1からのカラムをoutのカラムにマッピングします。次のサンプルを参照してください。

    例え