A_Call_BAPIで出力tXMLMapを構成する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このシナリオの2番目のtXMLMapコンポーネントは、BAPI関数の出力データをマップおよび変換します。

手順

  1. tXMLMapコンポーネントをダブルクリックしてを開きます。
  2. newColumnを右クリックして、 [main:row4]ウィンドウのインポートオプションを表示します。
  3. リポジトリからのインポートを選択します。
  4. [Metadata] (メタデータ) > xmlファイルに移動します。
  5. BAPI_CUSTOMER_GETLISTのOutput_Schemaを選択します。これにより、 newColumnエントリが自動的に入力されます。
  6. BAPI_CUSTOMER_GETLIST > TABLES > ADDRESSDATA > [item] (アイテム)に移動します。
  7. [item] (アイテム) を右クリックして、[As loop element] (ループ要素とする)を選択します。
  8. itemの下の要素をout2テーブルにマッピングします。次の画像を参照してください。

    例え

  9. out2ウィンドウの右上にあるSetLoop Functionアイコンをクリックして、ソースループを設定します。
  10. [Configure source loops] (ソースループの構成)ウィンドウでシーケンスを追加します。

    例え