A_Call_BAPIでのtLogRowの設定 - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

tLogRowコンポーネントは、処理中のデータをモニタリングするのに役立つ結果を[Run] (実行)コンソールに表示します。このシナリオでは、設定が必要な2つのtLogRowコンポーネントを使用します。

手順

  1. logXML tlogRowをクリックして、[Component] (コンポーネント) > [Basic settings] (基本設定)タブを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、[Schema of logXML] (logXMLのスキーマ)ウィンドウを開きます。
  3. [+]をクリックして、logXML(出力)テーブルに次の詳細を含む新しいカラムを追加します。
    1. newColumnはそのままにしておきます。
    2. タイプをドキュメントに設定します。
  4. [OK]をクリックして変更を保存します。
  5. log tLogRow をクリックして、[Component] (コンポーネント) > [Basic settings] (基本設定)タブを開きます。
  6. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、[Schema of log] (logXMLのスキーマ)ウィンドウを開きます。
  7. 対応する値を持つ次のカラムを [log (Output)] (ログ(出力)) テーブルに追加します。

    例え