A_Call_BAPIジョブの作成とコンポーネントの追加 - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

データを取得するには、最初にジョブを作成し、それにいくつかのコンポーネントを追加する必要があります。

このタスクについて

A_Call_BAPIジョブを以下のように設計します。
要確認: 例として、このシナリオには、出力をすばやく表示するためのtLogRowコンポーネントが含まれています。ただし、本番データフローを含む実際のビジネスシナリオでは、データフローのパフォーマンスを向上させるためにtLogRow使用を避けることを強くお勧めします。

手順

  1. A_Call_BAPIという名前の新しいジョブを作成します。
  2. 新しく作成したA_Call_BAPIジョブをダブルクリックして、ジョブデザインワークスペースを開きます。
  3. [Repository Tree] (リポジトリツリー) > [SAP Connection] (SAP接続)SAP接続をA_Call_BAPIワークスペースにドラッグします。
  4. 次のコンポーネントを追加します。
    • 二つのtXMLmap
    • tFixedFlowInput
    • 2つのtLogRow
    • tFileOutputDelimited
  5. 追加したコンポーネントの名前を変更します。
    • 最初に[input] (入力)されるtXMLmap
    • 2番目に[output] (出力)されるtXMLmap
    • 最初のtLogRowlogXML
    • 2番目の tLogRow[log] (ログ)に記録
    • tFileOutputDelimitedcustomerListに設定