出力データフローのマッピング - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

手順

  1. 2番目のtXMLMapを右クリックし、コンテキストメニューから[Row] (行) > [*New Output* (Main)] (*新規出力*: メイン)を選択して、最初のtLogRowをクリックします。ポップアップダイアログボックスでDATAと入力し、[OK]をクリックします。2番目のtXMLMapは、[DATA (Main order:1)]という名前の接続を使用して最初のtLogRowに接続します。
  2. 同じように[FIELDS (Main order:2)]という名前の接続を使用して、2番目のtXMLMapを2番目のtLogRowに接続し、[OPTIONS (Main order:3)]という名前の接続を使用して3番目のtLogRowに接続します。
  3. 2番目のtXMLMapをダブルクリックして、マップエディターを開きます。左側の[main:row2]テーブルで、ノード[doc]を右クリックし、コンテキストメニューから[Import From Repository] (リポジトリーからインポート)を選択します。ポップアップ[Metadata] (メタデータ)ダイアログボックスで、RFC_READ_TABLEフォルダーのOutput_Schemaを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。スキーマがXMLツリーに追加されます。
  4. 左側の入力テーブル[main:row2][DATA] (データ)エレメントの下のノード[WA]を右側の[DATA] (データ)テーブルにドラッグアンドドロップします。
  5. 同じように、左側の入力テーブルmain:row2FIELDSエレメントの下のノードFIELDNAMEOFFSETLENGTHTYPEFIELDTEXTを右側の[FIELDS] (フィールド)テーブルにドラッグアンドドロップし、左側の入力テーブルmain:row2OPTIONSエレメントの下のノードTEXTを右側のOPTIONSテーブルにドラッグアンドドロップします。
  6. [DATA] (データ)ノードの下の[item] (アイテム)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[As loop element] (ループエレメントにする)を選択してループエレメントとして設定します。
  7. 同じように[FIELDS]および[OPTIONS]ノードの下の[item] (アイテム)ノードもループエレメントに設定します。
  8. [DATA] (データ)テーブルの右上の[set Loop Function] (ループファンクションの設定)ボタンをクリックして、ソースループを設定します。
    [+]ボタンをクリックして行を追加し、[Xpath]フィールドをクリックして、ドロップダウンリストからソースループrow2.doc:/RFC_READ_TABLE/TABLES/DATA/itemを選択します。完了したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  9. 同じように[FIELDS]および[OPTIONS]テーブルのソースループをそれぞれrow2.doc:/RFC_READ_TABLE/TABLES/FIELDS/itemおよびrow2.doc:/RFC_READ_TABLE/TABLES/OPTIONS/itemに設定します。
  10. [OK]をクリックして、マップエディターを閉じます。