ドキュメントタイプパラメーターを使い、BAPI関数を呼び出して、SAPシステムからデータを取得する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このシナリオは、サブスクリプションベースのTalend製品にのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、[Document] (ドキュメント)タイプの定義済みの入力および出力パラメーターを使用してBAPIファンクションRFC_READ_TABLEを呼び出すことで、SAPシステム内のSFLIGHTというテーブルからデータを取得するジョブについて説明しています。

前提条件:

SAP接続が[Repository] (リポジトリー)ツリービュー内で
  • RFC_READ_TABLEファンクションを使用して設定されていること。このファンクションは、取得されてSAP接続のSAP Bapiフォルダーに保存されています。

  • さらに、RFC_READ_TABLEファンクションの入出力スキーマのXMLメタデータが取得され、[File xml] (xmlファイル)ノードに保存されていること。

SAP接続を設定してSAPファンクションとSAPファンクションスキーマをXMLメタデータとして取得する方法は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。