tSAPConnection標準プロパティ - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtSAPConnectionを設定するために使います。

Standard tSAPConnectionコンポーネントはビジネスファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントにはsapjco.jarが必要であるという指示が表示されたら、それに従ってモジュールをダウンロードしてインストールします。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれか。

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。以下のフィールドは、取得されたデータを使って事前に入力されています。

[SAP API Version] (SAP APIバージョン)

ドロップダウンリストからバージョンを選択します。
  • talend sap api: SAP JCOドライバーの上のカスタムビジネスレイヤー。
  • sap jco 3. *: StudioがSAPのRFCプロトコルを介してSAPシステムと通信できるようにするドライバー。

Talend sap apiが選択されている場合にのみ、tSAPBapitSAPTableInputは開かれたSAP接続を再利用できます。

接続設定

[Client type] (クライアントタイプ): 通常のSAP接続を入力します。

[Userid] (ユーザーID): ユーザーのログインを入力します。

[Password] (パスワード): パスワードを入力します。

[Language] (言語): 言語を指定します。

[Host name] (ホスト名): SAPシステムのIPアドレスを入力します。

[System number] (システム番号): システム番号を入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Specify a shared destination] (共有の宛先を指定)

このチェックボックスをオンにして、表示された[Shared destination name] (共有の宛先の名前)フィールドに共有の宛先を指定します。共有の宛先により、SAPコンポーネントは、 Talend RuntimeコンテナーOSGi環境内でESBルートまたはESBデータサービスの一部として実行された時に、 Talend Runtimeの共有宛先を使えます。

このオプションは、[SAP API Version] (SAP APIバージョン)ドロップダウンリストからsap jco 3. *を選択した場合にのみ使えます。

コンポーネントで共有の宛先の名前を指定するだけでなく、 Talend RuntimeのSAP DataSourceを設定する必要もあります。SAP DataSourceを定義するために必要なことと、それを設定する方法は、Talend ESBパッケージの/add-ons/datasource/sapフォルダーに含まれているreadme.txtに記載されています。

コンポーネント自体の接続設定を使う場合、SAP接続はコンポーネントの末尾で閉じることになります。これを防ぐには、共有の宛先を名前を指定した状態で使ってください。

[SAP Properties] (SAPプロパティ)

使用するSAPシステムでカスタム設定を使用する必要がある場合は、このテーブルでカスタマイズするプロパティを設定します。例:
  • SAPシステムとTalend Studioの間にUnicode接続を確立するには、jco.server.unicodeプロパティを追加してその値を1に設定する必要があります。このプロパティはSAP Java Connector 2.xを使用している場合に機能します。SAP Java Connector 3.0以降のバージョンでは不要です。

  • セキュリティで保護されたネットワーク通信(SNC)を使用してSAP接続を設定するには、このフィールドに以下のプロパティを追加し、設定する必要があります。

    • jco.client.snc_mode
    • jco.client.snc_myname
    • jco.client.snc_lib=.../sapcrypto/sapcrypto.dll
    • jco.client.snc_partnername
    • jco.client.snc_qop
    注: 上記プロパティの値はシステム環境によって異なります。プロパティの設定方法が不明な場合は、SAPシステムの管理者にお問い合わせください。

    SNCパラメータの設定については、SNC の設定を参照してください: SNCをサポートするRFC通信パスを使用したAS ABAPへの外部プログラム

このプロパティは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンの場合には表示されません。

詳細設定

[ftp and http based programs] (ftpとhttpをベースとするプログラム)

SAPサーバーからドキュメントのダウンロードが必要な機能を呼び出すには、このチェックボックスをオンにし、SAPシステムにSAPGUIがインストールされていることを確認します。

このチェックボックスがオンでSAPGUIがインストールされていない場合は、エラーが発生します。

[Basic settings] (基本設定)タブで[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスをオンにすると、このチェックボックスは利用できません。

[tStat Catcher Statistics] (tStatキャッチャー統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは一般に、他のtSAP*コンポーネント、特にtSAPCommitおよびtSAPRollbackコンポーネントと共に使います。

サポート

S4/HANAを含め、SAPのERP部分と連携するためにtSAPConnectionを使う必要があります。

制限事項

SAPから提供された特定のjarファイルとdllファイルを、StudioおよびStudioをホストしているワークステーションに追加する必要があります。正確な手順は、32ビットまたは64ビットのWindowsやLinuxなど、使用しているプラットフォームで異なります。
  • 詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』の「SAP Java Connectorのインストール方法」と「SAPメタデータの一元管理」を参照してください。

  • SAP Javaコネクターのインストール方法の例は、Talend Help Center (https://help.talend.com)および、『Talend Studioユーザーガイド』の「SAPメタデータの一元管理」を参照してください。