ジョブ実行 - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

手順

  1. [CTRL]+[S]を押してジョブを保存し、[F6]を押して実行します。
    このコンソールから、tSAPIDocInputコンポーネントがこの特定のSAP R/3システムをリッスンしていることを確認できます。
  2. このSA PR/3システム内の作成済みのRFC宛先に戻り、[Test connection] (テスト接続)をクリックします。

タスクの結果

テスト結果は、この特定のSAP R/3システムとリスナーコンポーネントtSAPIDocInputの間の接続が成功したことを示しています。

これで、tSAPIDocInputコンポーネントはSAP R/3システムをリッスンしており、以前に定義したRFC宛先の呼び出しを待ちます。