tSAPIDocOutput標準プロパティ - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtSAPIDocOutputを設定するために使います。

Standard tSAPIDocOutputコンポーネントはビジネスファミリーのコンポーネントです。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントにはsapjco.jarが必要であるという指示が表示されたら、それに従ってモジュールをダウンロードしてインストールします。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います。

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。後続するフィールドは、取得されたデータを使用して事前に入力されます。

このアイコンをクリックすると、接続ウィザードが開き、コンポーネント[Basic settings] (基本設定)ビューに設定したExcelファイル接続パラメーターが保存されます。

ファイル接続パラメーターの設定と保存の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。

接続設定

[Client] (クライアント): SAPの通常の接続コードを入力します。

[Userid] (ユーザーID): ユーザー接続IDを入力します。

[Password] (パスワード): パスワードを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Language] (言語): 言語を指定します。

[Host name] (ホスト名): SAPシステムのIPアドレスを入力します。

[System number] (システム番号): システム番号を入力します。

[IDoc column] (IDocカラム)

利用可能なIDocカラムのドロップダウンリストから、入力カラムとして使うカラムを選択します。

[From XML file] (XMLファイルから)

[XML-IDoc file] (XML-IDocファイル): SAPシステムにアップロードするIDocファイルのパスを参照または入力します。

注:

tHMapを使うジョブでこのコンポーネントを使っている場合は、このチェックボックスをオンにしないでください。そのようなジョブでは、スキーマは[Sync columns] (同期カラム)ボタンを使って Talend Data Mapper からプロパゲートします。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスはデフォルトでオフになっており、エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行のプロセスを完了します。

詳細設定

[SAP Properties] (SAPプロパティ)

使用するSAPシステムでカスタム設定を使用する必要がある場合は、このテーブルでカスタマイズするプロパティを設定します。例:
  • SAPシステムとTalend Studioの間にUnicode接続を確立するには、jco.server.unicodeプロパティを追加してその値を1に設定する必要があります。このプロパティはSAP Java Connector 2.xを使用している場合に機能します。SAP Java Connector 3.0以降のバージョンでは不要です。

  • セキュリティで保護されたネットワーク通信(SNC)を使用してSAP接続を設定するには、このフィールドに以下のプロパティを追加し、設定する必要があります。

    • jco.client.snc_mode
    • jco.client.snc_myname
    • jco.client.snc_lib=.../sapcrypto/sapcrypto.dll
    • jco.client.snc_partnername
    • jco.client.snc_qop
    注: 上記プロパティの値はシステム環境によって異なります。プロパティの設定方法が不明な場合は、SAPシステムの管理者にお問い合わせください。

    SNCパラメータの設定については、SNC の設定を参照してください: SNCをサポートするRFC通信パスを使用したAS ABAPへの外部プログラム

このプロパティは、[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンの場合には表示されません。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

通常は別途に、またはサブジョブで使います。

サポート

SAP S4/HANAは、IDocの限定的なサポートを提供します。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): Run if, On Component Ok, On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error.

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): Run if, On Component Ok, On Component Error, On Subjob Ok, On Subjob Error

接続に関する詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

制限事項

SAPから提供された特定のjarファイルとdllファイルを、StudioおよびStudioをホストしているワークステーションに追加する必要があります。正確な手順は、32ビットまたは64ビットのWindowsやLinuxなど、使用しているプラットフォームで異なります。
  • 詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』の「SAP Java Connectorのインストール方法」と「SAPメタデータの一元管理」を参照してください。

  • SAP Javaコネクターのインストール方法の例は、Talend Help Center (https://help.talend.com)および、『Talend Studioユーザーガイド』の「SAPメタデータの一元管理」を参照してください。