tHMapのプロパティの定義 - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

手順

  1. tHMapコンポーネントを選択してそのプロパティを定義します。
  2. [Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックし、ジョブの各種コンポーネント間のスキーマを同期化します。
  3. [Open Map Editor] (マップエディターを開く)の横にある[...]ボタンをクリックし、新しいマップを作成します。
  4. 開いた[tHMap Structure Generate/Select] (tHMapストラクチャーの生成/選択)ダイアログボックスで、入力ストラクチャーに対して[Select an existing hierarchical mapper structure] (既存の階層マッパーストラクチャーを選択)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  5. 以前にインポートしたIDocストラクチャーを選択し、[Next] (次へ)をクリックしてから[Finish] (終了)をクリックします。
  6. 出力ストラクチャーについても同じ操作を行います。再度、以前にインポートしたIDocストラクチャーを選択し、[Next] (次へ)をクリックしてから[Finish] (終了)をクリックします。
  7. 開いたMappingパースペクティブの[Data Mapper] (データマッパー)ビューで、[Hierarchical Mapper] (階層マッパー)[Maps] (マップ)[Jobs] (ジョブ)idoc_jobの順に展開し、tHMap_1マップを右クリックし、コンテキストメニューで[Properties] (プロパティ)を選択します。
  8. [Output Representation] (出力表現)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、開いたダイアログボックスで[XML]を選択して[OK]をクリックし、もう一度[OK]をクリックして[Properties] (プロパティ)ダイアログボックスを閉じます。
  9. マップで、ルートエレメントを[Input (Flat)] (入力(フラット))側から[Output (XML)] (出力(XML))側の対応するルートエレメントにドラッグして、入力ファイルが出力時にXMLファイルに変換される簡単なマップを作成します。
  10. Ctrl+Sを押し、マップへの変更を保存します。
  11. Integration パースペクティブに戻って、ジョブ内のtHMapコンポーネントの設定を完了します。
  12. [Read Input As] (入力を別名で読み取る)[Single column] (単一カラム)に設定します。
  13. [Write Output As] (入力を別名で書き込む)[String (single column)] (文字列(単一カラム))に設定します。