SAP BWメタデータを取得してジョブを実行する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
Talend StudioにSAP接続を追加し、tSAPInfoCubeInputコンポーネントを使ってジョブを設計して、SAPテーブルからデータを取得します。

手順

  1. Talend Studioにアクセスします。
  2. [Metadata] (メタデータ) > [SAP Connections] (SAP接続)に移動して、接続を作成します。
  3. 新規作成した接続を右クリックして[Retrieve SAP BW metadata] (SAP BWメタデータの取得)を選択します。
  4. 0FIGL_C10 SAPテーブルをインポートします。インポート後、テーブルはSAP InfoCubeフォルダーの下に表示されます。
  5. 次のコンポーネントで標準ジョブを作成します。
    • tSAPConnection
    • tLogRow
    • tFileOutputDelimited
  6. 0FIGL_C10 SAPテーブルをSAP InfoCubeフォルダーからジョブにドラッグします。
  7. 前のステップで示した方法でコンポーネントを接続します。
  8. 0FIGL_C10 tSAPInfoCubeInputコンポーネントを設定します。
  9. SAP接続の詳細をtSAPConnectionコンポーネントに追加します。
  10. tFileOutputDelimitedコンポーネントを選択し、ジョブの実行後に出力結果を保管するファイルの[File Name] (ファイル名)の詳細を追加します 。ファイル名フィールドは[Basic settings] (基本設定)ビューにあります。
  11. [Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。
    手順10で追加したファイルを開いたら、BWデータウェアハウスワークベンチを確認するのステップ3に示すように、SAPアプリケーションテーブル(0FIGL_C10)からエクスポートされた厳密値を取得します。