ODPを介してSAPからデータを取得するためのジョブを作成する - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

始める前に

使用するオペレーショナルデルタキュー0FI_GL_14、サブスクライバーGCLAUSS、サブスクライバープロセスGCLAUSSN_FIGL14がSAPで設定済みであること。SAP GUIでトランザクションODQMONを開始して、監視できること。詳細は、Introduction to Operational Delta Queuesを参照してください。

手順

  1. 新しいジョブを作成し、tSAPODPInputコンポーネントとtFileOutputDelimitedコンポーネントをデザインワークスペースに追加します。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tSAPODPInputコンポーネントをtFileOutputDelimitedコンポーネントに接続します。