tSAPRollback標準プロパティ - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtSAPRollbackを設定するために使います。

Standard tSAPRollbackコンポーネントはビジネスファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[SAPConnection Component list] (SAP接続コンポーネントリスト)

現在のジョブで複数の接続を使うことが計画されている場合は、リストの tSAPConnectionコンポーネントを選択します。

[Release Connection] (接続をリリース)

コンポーネントがタスクを実行した後、選択した接続を引き続き使うには、このチェックボックスをオフにします。

詳細設定

[tStat Catcher Statistics] (tStatキャッチャー統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは一般に、他のtSAP*コンポーネント、特にtSAPConnectionおよびtSAPCommitコンポーネントと共に使います。

サポート

S4/HANAを含め、SAPのERP部分と連携するためにtSAPRollbackを使う必要があります。

[Dynamic settings] (ダイナミック設定)

[+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加し、[Code] (コード)フィールドにコンテキスト変数を入力して、ジョブ内で計画した複数の接続からSAP接続をダイナミックに選択します。

ダイナミックパラメーターを定義すると、[Basic settings] (基本設定)ビューの[SAPConnection Component List] (SAP接続コンポーネントリスト)ボックスは使えなくなります。

動的パラメーターの使用サンプルは、../reuse/../standard/reading-data-from-databases-through-context-based-dynamic-connect_c.htmlおよび../reuse/../standard/tcontextload_tlogrow-tfileinputdelimited-tmysqlinput_reading-data-from-different-mysql-databases-using-dynamically-loa_standard_component_the-job-in_c.htmlを参照してください。[Dynamic settings] (動的設定)とコンテキスト変数については、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

制限事項

SAPから提供された特定のjarファイルとdllファイルを、StudioおよびStudioをホストしているワークステーションに追加する必要があります。正確な手順は、32ビットまたは64ビットのWindowsやLinuxなど、使用しているプラットフォームで異なります。
  • 詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』の「SAP Java Connectorのインストール方法」と「SAPメタデータの一元管理」を参照してください。

  • SAP Javaコネクターのインストール方法の例は、Talend Help Center (https://help.talend.com)および、『Talend Studioユーザーガイド』の「SAPメタデータの一元管理」を参照してください。