コンポーネントを使用してSAPテーブルへアクセスする - 7.3

SAP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスアプリケーション > SAP

このセクションでは、Talendコンポーネントを使用してSAPテーブルにアクセスする方法について説明します。

Talendでは、RFC機能を活用できる多くのコンポーネントを提供しています。TalendはSAPテーブルとの直接通信をサポートしていません。それにはSAP Open SQLを生成する必要があります。

手順

  1. TalendInstallDirectory>\studio\plugins\org.talend.libraries.sap_******\resourcesにあるreadme.txtファイルを読み取ります。
  2. 上の図にリスト表示されている関数モジュールをインストールします。
    これはSAP管理者によって行われます。TalendカスタムRFCモジュールを使用すると、呼び出し側は512Bを超えるデータを取得できます。これは、SAPのRFCモジュールのデフォルトによる制限です。
    注: 関数モジュールをインストールするためのトランスポートの名前は、製品のバージョンによって異なる場合があります。正確なトランスポート名はreadme.txtファイルをチェックしてください。
  3. tSAPTableInputコンポーネントの[SAP Properties] (SAPプロパティ)“api.use_talend_z_read_table”“true”に設定します。
  4. SAPテーブルのメタデータをTalend Studioにインポートします。
    メタデータが取得されると、同じメタデータをプロジェクト内の複数のジョブに再利用できます。