tJDBCSCDELT標準プロパティ - 7.3

SCDELT

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtJDBCSCDELTを設定するために使います。

Standard tJDBCSCDELTコンポーネントは、次の2つのファミリーに属しています: ビジネスインテリジェンスデータベース

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Property Type] (プロパティタイプ)

接続の詳細を設定する方法を選択します。

  • [Built-In] (組み込み): このコンポーネントの接続の詳細がローカルに設定されます。関連するすべての接続プロパティの値を手動で指定する必要があります。

  • [Repository] (リポジトリー): [Repository] (リポジトリー) > [Metadata] (メタデータ)で一元的に保存された接続の詳細が、このコンポーネントによって再使用されます。このチェックボックスのとなりにある [...] ボタンをクリックし、表示された [Repository Content] (リポジトリーの内容)ダイアログボックスで、再使用する接続の詳細を選択すると、関連するすべての接続のプロパティに値が自動的に入力されます。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

JDBC URL

使用するデータベースのJDBC URL。たとえば、Amazon RedshiftデータベースのJDBC URLはjdbc:redshift://endpoint:port/databaseです。

[Driver JAR] (ドライバーJAR)

必要なドライバーJARをロードするには、このテーブルに記入してください。これを行うには、テーブルの下の[+]ボタンをクリックして、必要に応じてドライバーJAR用行数を増やします。セルを選択し、セルの右側にある[...]ボタンをクリックして、[Module] (モジュール)ダイアログボックスを開くと使用するドライバーJARを選択できます。たとえば、RedshiftデータベースのドライバーjarはRedshiftJDBC41-1.1.13.1013.jarです。

詳細は、[Importing a database driver] (データベースドライバのインポート)を参照してください。

ドライバーのクラス

指定したドライバーのクラス名を二重引用符で囲んで入力します。たとえば、RedshiftJDBC41-1.1.13.1013.jarドライバーの場合、入力する名前はcom.amazon.redshift.jdbc41.Driverになります。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

データベースのユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[DB Schema] (DBスキーマ)

データベーススキーマの名前を指定します。スキーマをサポートしないデータベースの場合は、このフィールドを空のままにします。

[Source table] (ソーステーブル)

データの変更がSCDによってキャプチャーされるソース入力テーブルの名前を指定します。

[Table] (テーブル)

SCDによってキャプチャされたデータが書き込まれるディメンションテーブルの名前を指定します。

テーブルの操作

定義されたテーブルに対して実行する操作を選択します。

  • [None] (なし): 操作は行われません。

  • [Drop and create table] (テーブルの削除と作成): テーブルが削除され、再作成されます。

  • [Create table] (テーブルの作成): テーブルが存在しないため、作成します。

  • [Create table if not exists] (存在しない場合はテーブルを作成): テーブルが存在しない場合は作成されます。

  • [Drop table if exist and create] (存在する場合はテーブルを削除して作成): テーブルが既に存在する場合は削除されて、再作成されます。

  • [Clear table] (テーブルのクリア): テーブルの内容が削除されます。操作はロールバックできます。

  • [Truncate table] (テーブルの切り捨て): テーブルの内容が削除されます。操作をロールバックすることはできません。

[Schema] (スキーマ)および[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

  • [Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

  • [Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。
注: 変更を加えると、スキーマは自動的に組み込みになります。
  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Surrogate key] (代理キー)

生成された代理キーを保管するカラムを設定します。代理キーは、[Creation] (作成)リストで選択した方法に基づいて生成できます。

[Creation] (作成)

代理キーの生成に使う方法を以下から選択します。

  • [Auto increment] (自動増加): 自動インクリメント整数が使われます。

  • [DB sequence] (DBシーケンス): シーケンスが使われます。

[Source keys] (ソースキー)

受信データの単一性を確保するためのキーとして使う1つまたは複数のカラムを指定します。

[Use SCD type 0 fields] (SCDタイプ0フィールドの使用)

このチェックボックスをオンにして、表示される[SCD type 0 fields] (SCDタイプ0フィールド)テーブルで、タイプ0 SCDを使って値の変化を追跡するカラムを指定します。

このオプションは、次のデータベースのみをサポートします: Exasol、MySql、MSSql、Oracle、Postgresql、Snowflake。

注: このオプションは、TalendのR2020-07以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます詳細は管理者にお問い合わせください。

[Use SCD type 1 fields] (SCDタイプ1フィールドの使用)

このチェックボックスをオンにして、表示される[SCD type 1 fields] (SCDタイプ1フィールド)テーブルで、タイプ1 SCDを使って値の変化を追跡するカラムを指定します。

[SCD type 1 fields] (SCDタイプ1フィールド)

[+]ボタンをクリックして、カラムごとに必要な数の行を追加し、セルの右側をクリックして、表示されるドロップダウンリストから、タイプ1 SCDを使って値の変化を追跡するカラムを選択します。

[Use SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールドの使用)

このチェックボックスをオンにして、表示される[SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールド)テーブルで、タイプ2 SCDを使って値の変化を追跡するカラムを指定します。

[SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールド)

[+]ボタンをクリックして必要な数の行を追加します。1カラムに対して1行です。セルの右側の矢印をクリックして、表示されるドロップダウンリストから、タイプ2 SCDを使って値の変化を追跡するカラムを選択します。

このテーブルは、[Use SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールドを使用)オプションが選択されている場合にのみ使えます。

開始日時

タイプ2 SCDの開始日を保持するカラムを指定します。

このリストは、[Use SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールドを使用)オプションが選択されている場合にのみ使えます。

[End date] (終了日)

タイプ2 SCDの終了日を保持するカラムを指定します。

このリストは、[Use SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールドを使用)オプションが選択されている場合にのみ使えます。

注: 変更レコードの重複を避けるために、このフィールドの各変更を識別できるカラムを選択することをお勧めします。
 

[End Date Field Type] (終了日フィールドタイプ): 終了日の値を指定します。Nullまたは[Fixed Date] (固定日付)のどちらかになります。

  • NULL: 文字列NULLをカラムに挿入します。
  • [Fixed Date] (固定日付): 特定の日付値をカラムに挿入します。右側のフレーム内に日付を設定します。日付はフレーム内で事前設定されている形式(yyyy-MM-dd)で入力する必要があります。

[Log active status] (ログのアクティブステータス)

このチェックボックスをオンにして、表示された[Active field] (アクティブフィールド)ドロップダウンリストから、trueまたはfalseのステータス値を保持するカラムを選択します。これは、タイプ2 SCDのアクティブレコードを見つけるのに役立ちます。

このオプションは、[Use SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールドを使用)オプションが選択されている場合にのみ使えます。

[Log versions] (ログのバージョン)

このチェックボックスをオンにして、表示された[Version field] (バージョンフィールド)ドロップダウンリストから、タイプ2 SCDのレコードのバージョン番号を保持するカラムを選択します。

このオプションは、[Use SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールドを使用)オプションが選択されている場合にのみ使えます。

Mapping (マッピング)

使用するデータベースにメタデータマッピングファイルを指定します。メタデータマッピングファイルは、データベースとJavaの間のデータ型変換に使用します。メタデータマッピングの詳細は、タイプのマッピングに関する関連ドキュメンテーションを参照してください。
注: Hiveマッピングを使用して、Databricks Delta Lakeをサポートできます。

詳細設定

[Source fields value include Null] (ソースフィールドの値にNullが含まれています)

このチェックボックスをオンにすると、ソースカラムにNull値を含めることができます。ここのソースカラムは、[SCD type 1 fields] (SCDタイプ1フィールド)[SCD type 2 fields] (SCDタイプ2フィールド)のテーブルで定義されているフィールドを参照しています。

[Debug mode] (デバッグモード)

このチェックボックスをオンにすると、データベースのデータの処理中に各ステップが表示されます。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントはジョブやサブジョブのスタンドアロンコンポーネントとして使用できます。