SnowflakeテーブルとSnowflakeシーケンスを作成する - 7.3

SCDELT

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > SCDELT

手順

  1. 最初のtJDBCRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection] (既存の接続を使う)チェックボックスをオンにし、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストが表示されたら、接続コンポーネントを選択し、それによって作成された接続を再利用します(この例ではtJDBCConnection_1)。
  3. [Query] (クエリー)フィールドに、新しいテーブルの作成に使うSQLコマンドを入力します。
    この例では、SQLコマンドはCREATE OR REPLACE TABLE employee (id INTEGER, name VARCHAR(50), role VARCHAR(50), salary DOUBLE, PRIMARY KEY(id))です。このコマンドは、4つのカラム(プライマリキーとして整数型のid、VARCHAR型のnamerole、DOUBLE型のsalary)を持つ新しいテーブルemployeeを作成します。このテーブルは、従業員データを保管するために使われます。
  4. 2番目のtJDBCRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Use an existing connection] (既存の接続を使う)チェックボックスをオンにし、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストが表示されたら、接続コンポーネントを選択し、それによって作成された接続を再利用します(この例ではtJDBCConnection_1)。
  6. [Query] (クエリー)フィールドに、Snowflakeシーケンスの作成に使うSQLコマンドを入力します。
    この例では、SQLコマンドはcreate or replace sequence employee_sequenceです。このコマンドは、新しいシーケンスemployee_sequenceを作成します。このシーケンスは、tJDBCSCDELTコンポーネントがSCDタイプ2メソッドの代理キーを生成するために使います。