ファイルの存在確認の設定 - 7.3

SCP

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SCP
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SCP
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > SCP

手順

  1. tSCPFileExistsコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection](既存の接続を使用)チェックボックスをオンにし、[Component List] (コンポーネントリスト)から設定済みの接続を選択します。
  3. [Filename] (ファイル名)フィールドに、確認するファイルの名前を二重引用符で囲んで入力します。このサンプルでは、“testscp.txt”です。
  4. tJavaコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Code] (コード)フィールドに以下のコードを入力します:
    System.out.println((String)globalMap.get("tSCPFileExists_1_FILENAME"));
    System.out.println((String)globalMap.get("tSCPFileExists_1_STATUS"));
  6. [Component] (コンポーネント)タブを選択し、[If]接続をクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [Condition] (条件)フィールドに以下のコードを入力します:
    !((String)globalMap.get("tSCPFileExists_1_STATUS")).equals("File exists.")
    このようにして、ファイルが定義済みのディレクトリーに存在しない場合、残りのジョブが実行されます。