コンポーネントと接続を設定する - 7.3

SEDA (Mediation)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. デザインワークスペースでStarterをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Repeat] (繰り返し)フィールドに、ルートリソースで定義されている"{{repeat.count}}"を入力します。
  3. デザインワークスペースでSet_body_SEDAをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Language] (言語)リストでSIMPLEを選択します。
    [Expression] (式)フィールドに、メッセージボディとして"to cSEDA"と入力します。
    このステップを繰り返して、Set_body_VMおよびSet_body_Directで、メッセージボディをそれぞれ"to cVM"および"to cDirect"に設定します。
    Set_body_VM:
    Set_body_Direct:
  5. SEDA_producerをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [...]をクリックして、[Select a Node:] (ノードの選択)ウィザードでSEDA_consumerを選択します。これは、SEDA_producerに送信されたメッセージを消費します。
    このステップを繰り返して、VM_producerにノードVM_consumerを選択します。
    ノードを選択します Direct_consumer にとって VM_producer 。
  7. SEDA_consumerをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. [Name] (名前)フィールドに"seda"と入力して、このエンドポイントを識別します。その他のオプションはデフォルト設定のままにしておきます。
    このステップを繰り返して、VM_consumerに名前"vm"を与えます。
    Direct_consumerに名前"direct"を与えます。
  9. Monitor_SEDAをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. [Level] (レベル)リストでINFOを選択し、[Specify output log message] (出力ログメッセージを指定)を選択します。[Message] (メッセージ)フィールドに"log cSEDA:${body}"と入力して、メッセージボディをコンソールに出力します。
    このステップを繰り返して、Monitor_VMおよびMonitor_Directの出力メッセージをそれぞれ"log cVM:${body}"および"log cDirect:${body}"に指定します。
  11. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存します。