ルートリソースを作成してルートで呼び出す - 7.3

SEDA (Mediation)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. リポジトリーツリービューで[Resources] (リソース)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Resource] (リソースの作成)を選択します。
  2. [New Route Resource] (新規ルートリソース)ウィザードが開きます。[Name] (名前)フィールドにリソースの名前を入力します(例: SetRepeatCount)。[Finish] (終了)をクリックし、ウィザードを閉じます。
  3. デザインワークスペースにrepeat.count=2と入力して、繰り返しの回数を設定します。
  4. [Ctrl] + [S]を押してルートリソースを保存します。
  5. リポジトリーツリービューから[Route] (ルート)を右クリックし、コンテキストメニューから[Manage Route Resources] (ルートリソースの管理)を選択します。
    [Manage Route Resources] (ルートリソースの管理)ウィザードが開きます。
  6. [Add] (追加)をクリックし、ダイアログの[Resources] (リソース)ツリービューからSetRepeatCountを選択します。[OK]をクリックします。
    SetRepeatCountルートリソースがテーブルに追加されます。
  7. [OK]をクリックしてウィザードを閉じます。
    ルートリソースの作成および使用については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。
  8. ルートのデザインワークスペースの下半分にあるSpringタブをクリックします。
  9. このビューに次のコードを入力して、作成したばかりのルートリソースを呼び出します。
    <bean id="properties" class="org.apache.camel.component.properties.PropertiesComponent">   
        <property name="location" value="classpath:SetRepeatCount.properties"/>  
    </bean>
    ルートでのSpring設定の使い方については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。