コードを表示してルートを実行する - 7.3

SEDA (Mediation)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)

手順

  1. デザインワークスペースの下部の[Code] (コード)タブをクリックし、生成されたコードを確認します。
    コードに示されているように、メッセージルートがfrom "Starter_cTimer_1"からビルドされ、メッセージボディ"to cSEDA""cSetBody_1"によって設定され、cSEDA_2に送信されます。これが"SEDA_consumer_cSEDA_1"にマッピングされます。メッセージは次にcVM_2cDirect_2に連続して送信され、これが新しいメッセージボディで対応するコンシューマーにマッピングされます。コンシューマー側では、各コンシューマーからfromのメッセージボディが対応するモニターによってログに記録されます。
  2. [Run] (実行)ビューをクリックして開き、[Run] (実行)ボタンをクリックしてルートの実行を開始します。[F6]を押して実行することもできます。
    結果:SEDA_producerVM_producerDirect_producerに送信されたメッセージはそれぞれ、SEDA_consumerVM_consumerDirect_consumerによって消費されます。メッセージ交換は、ルートリソースSetRepeatCountで設定されているように2回トリガーされます。