cVM標準プロパティ - 7.3

SEDA (Mediation)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > SEDAコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcVMを設定するために使います。

Standard cVMコンポーネントはCoreファミリーのコンポーネントです。

基本設定

ルートの開始コンポーネントとして使う場合:  

名前

エンドポイントを一意に識別する任意の文字列を入力します。

[Specify maximum capacity size] (最大容量サイズの指定) SEDAキューが保持できるメッセージの最大数を設定するには、このチェックボックスをオンにします。[Size] (サイズ)フィールドに数値を指定します。
[Concurrent consumers] (同時接続コンシューマー)

交換を処理する同時スレッドの数を指定します。

[Wait for task to complete] (タスクの完了待機)

続行する前に、呼び出し元が非同期タスクの完了を待つかどうかを指定します。[Always] (常時)[Never] (しない)、または [IfReplyExpected] (応答が予期できる場合)から選択します。デフォルトのオプションはIfReplyExpectedです。これは、メッセージがリクエスト/応答に基づく場合にのみ呼び出し側が待機することを意味します。このオプションの詳細は、http://camel.apache.org/async.htmlを参照してください。

Timeout (タイムアウト) SEDAプロデューサーが非同期タスクの完了を待機しなくなるまでの時間をミリ秒単位で指定します。このオプションを無効にするには、0または負の値を使います。
[Use multiple consumers] (複数コンシューマーの使用) 複数のコンシューマーを許可するかどうかを指定します。有効にすると、公開/サブスクライブメッセージングにcVMが使えます。すなわち、メッセージをSEDAキューに送信し、各コンシューマーにメッセージのコピーを受信させることができます。このオプションを有効にする場合は、すべてのコンシューマーエンドポイントで指定する必要があります。
[Limit concurrent consumers] (同時接続コンシューマー数の制限) 同時コンシューマーの数を最大500に制限するかどうか。デフォルトでは、SEDAエンドポイントがより大きな数に設定されている場合、例外がスローされます。
[Block when full] (一杯になったらブロック) メッセージを完全なSEDAキューに送信するスレッドが、キューの容量不足が解消されるまでブロックするかどうか。デフォルトでは、例外がスローされてキューがフルであることが示されます。このオプションを有効にすると、呼び出しスレッドがブロックし、メッセージが受け入れられる状態になるまで待機します。
[Poll timeout] (ポーリングタイムアウト) ポーリング時に使われるタイムアウトをミリ秒単位で指定します。タイムアウトが発生した場合、コンシューマーは実行の継続が許可されているかどうかを確認できます。低い値を設定すると、コンシューマーはシャットダウン時により迅速に反応できます。
ルートの中間または終了コンポーネントとして使う場合:  
[Input endpoint name] (エンドポイント名の入力) このチェックボックスをオンにして、対応するコンシューマーの名前を[Name] (名前)フィールドに入力します。
[Use Exist cVM] (既存のcVMを使用) このオプションは、[Input endpoint name] (エンドポイント名の入力)チェックボックスがオフの場合に表示されます。[...]をクリックして、ダイアログボックスから対応するコンシューマーを選択します。
名前 このオプションは、[Input endpoint name] (エンドポイント名の入力)チェックボックスがオンの場合に表示されます。このフィールドにコンシューマーの名前を直接入力します。

詳細設定

[Arguments] (引数) このオプションは、cVMがルートの開始コンポーネントとして使われている場合にのみ利用できます。オプションの引数を対応するテーブルに設定します。[+]を必要な回数だけクリックして、テーブルに引数を追加します。次に、対応する[Value] (値)フィールドをクリックして、値を入力します。利用可能なオプションは、http://camel.apache.org/vm.htmlを参照してください。

使用方法

使用ルール

cVMは、ルート内の開始、中間、または終了コンポーネントとして使います。

制限事項

 該当せず