tSingleStoreBulkExec標準プロパティ - 7.3

SingleStore

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SingleStoreコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SingleStoreコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SingleStoreコンポーネント

これらのプロパティは、標準のジョブフレームワークで実行されているtSingleStoreBulkExecを設定するために使います。

標準tSingleStoreBulkExecコンポーネントはデータベースファミリーのコンポーネントです。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、動的データベースコンポーネントを参照してください。

基本設定

データベース

データベースのタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Property Type] (プロパティタイプ)

接続の詳細を設定する方法を選択します。

  • [Built-In] (組み込み): このコンポーネントの接続の詳細がローカルに設定されます。関連するすべての接続プロパティの値を手動で指定する必要があります。

  • [Repository] (リポジトリー): [Repository] (リポジトリー) > [Metadata] (メタデータ)で一元的に保存された接続の詳細が、このコンポーネントによって再使用されます。このチェックボックスのとなりにある [...] ボタンをクリックし、表示された [Repository Content] (リポジトリーの内容)ダイアログボックスで、再使用する接続の詳細を選択すると、関連するすべての接続のプロパティに値が自動的に入力されます。

このプロパティは、[Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから[Use this Component] (このコンポーネントを使う)を選択した場合に使用できます。

[Connection Component] (接続コンポーネント)

このコンポーネントで再利用するデータベース接続を開くコンポーネントを選択します。

JDBC URL

使用するデータベースのJDBC URL。たとえば、Amazon RedshiftデータベースのJDBC URLはjdbc:redshift://endpoint:port/databaseです。

ドライバー

必要なドライバーJARをロードするには、このテーブルに記入してください。これを行うには、テーブルの下の[+]ボタンをクリックして、必要に応じてドライバーJAR用行数を増やします。セルを選択し、セルの右側にある[...]ボタンをクリックして、[Module] (モジュール)ダイアログボックスを開くと使用するドライバーJARを選択できます。たとえば、RedshiftデータベースのドライバーjarはRedshiftJDBC41-1.1.13.1013.jarです。

詳細は、[Importing a database driver] (データベースドライバのインポート)を参照してください。

ドライバーのクラス

指定したドライバーのクラス名を二重引用符で囲んで入力します。たとえば、RedshiftJDBC41-1.1.13.1013.jarドライバーの場合、入力する名前はcom.amazon.redshift.jdbc41.Driverになります。

[User Id] (ユーザーID)[Password] (パスワード)

データベースのユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

  • [Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

  • [Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。
注: 変更を加えると、スキーマは自動的に組み込みになります。
  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

このコンポーネントはダイナミックスキーマ機能の利点を備えているので、ソースファイルから不明なカラムを取得したり、各カラムを個別にマッピングしなくてもソースからカラムを一括してコピーしたりできます。ダイナミックスキーマの詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

このダイナミックスキーマ機能は、テーブルの不明なカラムを取得する目的で設計されており、この目的に限り使用をお勧めします。テーブルの作成で使用することは勧められていません。

[Table Name] (テーブル名)

データが書き込まれるテーブルの名前。

[Bulk file] (バルクファイル)

データのロード元となるバルクファイルの名前。

詳細設定

[Row Separator] (行区切り)

行の終端を識別するために使用される区切り記号。

[Field separator] (フィールド区切り)

転送されたデータのフィールドを区切る場合は、文字、文字列、正規表現のいずれかを入力します。

[Set text enclosure] (テキストエンクロージャーを設定)

このオプションを選択するとテキストエンクロージャーが設定されます。右のテキストフィールドに、エンクロージャー文字(1文字のみ)を二重引用符で囲んで入力します。たとえばエンクロージャー文字として二重引用符( " )を使用する場合は、"""と入力します。

標準エスケープ文字("\")を使用することをお勧めします。これを使用しない場合は、[Escape char] (エスケープ文字)[Text enclosure] (テキストエンクロージャー)に同じ文字を設定する必要があります。エスケープ文字を"\"に設定した場合は、テキストエンクロージャーを他の文字に設定できます。エスケープ文字を"\"以外の文字に設定した場合は、テキストエンクロージャーと同じ文字に変更されます。たとえばエスケープ文字が"#"に、テキストエンクロージャーが"@"にそれぞれ設定されている場合、エスケープ文字は"@"に変更されます。

[Set null value] (Null値を設定)

このオプションを選択するとNull値が設定されます。右側のフィールドにNull値を設定できます。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

ERROR_MESSAGE

エラー発生時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントはジョブやサブジョブのスタンドアロンコンポーネントとして使えます。