tSingleStoreOutputBulk - 7.3

SingleStore

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SingleStoreコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SingleStoreコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > SingleStoreコンポーネント

接続したデータベースにフィードするためのパラメーターとして使うバルクファイルを準備します。

tSingleStoreOutputBulkコンポーネントとtSingleStoreBulkExecコンポーネントは、2段階のプロセスで一緒に使われます。最初のステップでは、バルクファイルが生成されます。2番目のステップでは、接続したデータベースにフィードするためにバルクファイルが使われます。これら2つのステップは、tSingleStoreOutputBulkExecコンポーネント内で融合しています。このコンポーネントについては別のセクションで詳しく説明しています。2段階のプロセスを使用する利点は、データベースにロードする前にデータを変換できることです。

tSingleStoreOutputBulkは、定義済みの区切り記号に基づいて、カラムのあるファイルを書き込みます。

注: このコンポーネントは、TalendのR2021-03以降のStudio月次アップデートをインストールした場合のみ利用できます。詳細は管理者にお問い合わせください。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。