Snowflake外部テーブルを介してデータをクエリーするためのジョブの作成 - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake

手順

  1. 標準ジョブを作成します。
  2. 次の表に記載されているコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
    コンポーネントは、デザインワークスペースにドロップされると、<component name>_<sequence number> の形式でデフォルト名が自動的に割り当てられます。このシナリオでは、デフォルト名を使用してジョブ内のコンポーネントを参照します。次の表に、デフォルトのコンポーネント名も示します。
    コンポーネント デフォルトのコンポーネント名
    tDBConnection tDBConnection_1
    tDBRow tDRRow_1
    tDBRow tDBRow_2
    tDBRow tDBRow_3
    tDBInput tDBInput_1
    tLogRow tLogRow_1
    tDBClose tDBClose_1
  3. コンポーネントを接続します:
    1. tDBConnection_1からtDBRow_1への Trigger > On Subjob OK接続
    2. tDBRow_1からtDBRow_2へのTrigger > On Subjob OK接続
    3. tDBRow_2からtDBRow_3への Trigger > On Subjob OK接続
    4. tDBRow_3からtDBInput_1へのTrigger > On Subjob OK接続
    5. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tDBInputからtLogRowへの変換
    6. tDBInput_1からtDBCloseへのTrigger > On Subjob OK接続