Snowflakeテーブルにデータを書き込む - 7.3

Snowflake

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データをSnowflakeテーブルにロードするようにtSnowflakeOutputBulkおよびtSnowflakeBulkExecコンポーネントを設定します。

手順

  1. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にあるボタンをクリックし、スキーマを定義します。この例では、スキーマにあるカラムは1つだけです: 名前
  3. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Table] (インラインテーブルを使う)を選択します。次に、3つのレコードを追加します。この例では次のようになります。
    
    Bill
    Franklin
    Jimmy
  4. 最初のtLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Mode] (モード)エリアでTableを選択して、データを表示します。
  6. tSnowflakeOutputBulkコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. Snowflakeへのアクセスに必要な接続の詳細を指定します。この例では、表示された[Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、定義済みの接続詳細を再利用する接続コンポーネントを選択します。
  8. 必要に応じて、[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして、スキーマが先行のコンポーネントから適切に取得されていることを確認します。
  9. [Storage] (ストレージ)ドロップダウンリストから[Internal] (内部)を選択し、[Stage Folder] (ステージフォルダー)フィールドに二重引用符で囲んでdemoと入力します。
  10. tSnowflakeBulkExecコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  11. Snowflakeへのアクセスに必要な接続の詳細を指定します。この例では、表示された[Connection Component] (接続コンポーネント)ドロップダウンリストから、定義済みの接続詳細を再利用する接続コンポーネントを選択します。
  12. [Table] (テーブル)フィールドの横にあるボタンをクリックして、データをロードするテーブルを選択します。この例では、DEMO_NAMESです。
  13. 必要に応じて、[Sync columns] (カラムの同期)ボタンをクリックして、スキーマが先行のコンポーネントから適切に取得されていることを確認します。
  14. [Output Action] (出力アクション)ドロップダウンリストから[INSERT] (挿入)を選択し、データをテーブルDEMO_NAMESに挿入します。
  15. [Storage] (ストレージ)ドロップダウンリストから[Internal] (内部)を選択し、[Stage Folder] (ステージフォルダー)フィールドにdemoと入力します。